プツプツ

PCモニターの青っぽい光を低減させるレンズの付いた専用眼鏡が今人気を集めている理由は、疲れ目の軽減に大勢の方々が努めているからでしょう。
汗疱(汗疱状湿疹)は手のひらや足裏、又は指の間などにプツプツとした小さな水疱ができる疾患で、一般には汗疹(あせも)と言われ、足裏にできると水虫と思い込まれる場合が結構あります。
不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康体にも出ることがあるので珍しい心臓の病気ではないのですが、同じような発作が継続してみられる場合は危険な状態です。
グラスファイバーで作製されるギプスは、大変丈夫で軽量なのに長期間使うことができ、雨などで濡らしてしまってもふやけないというメリットがあり、現在採用されているギプスの人気製品と言われています。
「体脂肪率」というものは、人の身体の中の脂肪が占める割合のことを指し、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪の量(キログラム)÷体重×100」という数式によって把握できます。
アメリカやEU圏では、新しく開発された薬の特許が切れてから約1ヶ月後、市場のおよそ80%がジェネリック医薬品(Generic drug)に替わる薬もあるというくらい、ジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)は世界各国で親しまれています。
ロックミュージシャンのコンサートの場内やダンスを踊るためのフロアなどに置かれた大きなスピーカーの近くで爆音を聞いて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と言っているのです。
脳内にあるセロトニン神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みの制圧、様々な器官の覚醒などを司っていて、単極性気分障害(うつ病)の患者は働きが鈍いことが証明されている。
現在のオペ室には、御手洗や器械室(apparatus room )、手術準備室を備え付け、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を準備しておくか、そうでなければ近距離にX線装置のための専門室を併設しておくのが慣例だ。
平成17年2月から新たに特定保健用食品のパッケージに「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意を促す文言の印字が食品メーカーに義務付けられている。
骨折したことによりひどく出血してしまった際に、急に血圧が降下してめまいやふらつき、体が急速に冷えるように感じる冷や汗、悪心、意識消失発作などの様々な脳貧血症状があらわれるケースもよくあります。
ストレスがかかり、蓄積していくプロセスや、手軽で有用なストレス対策など、ストレスについて正しい知識を保有している人は、まだまだ少ないようです。
毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、数多くの研究の成果によって、予防効果が見通せるのは、接種の約2週間後から5カ月間位と考えられているのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が無効になった後に販売される、新薬とまったく同一の成分で金銭的な自己負担を下げられる(代金が廉価な)後発医薬品そのものです。
環状紅斑は環状、すなわちまるい形をした赤っぽい湿疹など皮膚のトラブルの総合的な名前ですが、その病因は誠に多種多彩なのです。