医薬品

体脂肪の量はさして変化がなく、体重だけが飲食や排尿等により短時間で増減するケースでは、体重が増加した方は体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減った方は体脂肪率が上昇します。
春に患者が増える花粉症とは、山林の杉や檜、松などの飛散するタイプの花粉が元凶となって、クシャミ・目の痒み・鼻詰まり・鼻水などのゆううつなアレルギー症状を招く病気だということは、今や常識となりました。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が失われてしまった後に売られる、同一の成分で経済的な負荷の小さい(クスリ代の安価な)後発医薬品そのものです。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通、体を癌から保護する働きをする物質を産出するための金型のような遺伝子が異常をきたすことで起こってしまう病気だと考えられています。
天然の化学物質、フィトケミカルの一つのスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている物質が、肝臓に存在する解毒酵素自体の産出を促しているのではないかという真実が判明してきました。
もう既に歯の周囲を覆っている骨を減らすほど酷くなってしまった歯周病は、もし病状自体が沈静化することがあっても、なくなったエナメル質が元の量に再建されることは無いに等しいのです。
真正細菌の結核菌は、菌に感染した人が「せき」をすることで外気や内気の中に振りまかれ、空気中でフワフワしているのを他人が空気と一緒に吸い込むことによってどんどん拡がっていきます。
最大の臓器である肝臓に脂質やコレステロールが多く付いた脂肪肝(fatty liver)は、肝硬変や脳梗塞等々ありとあらゆる病気の因子となる可能性が高いといわれています。
内臓に脂肪が多い肥満と診断されて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、高血糖のうち2項目か3項目全てに相当する様子のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と名付けました。
スマートフォンのチラつきを軽減させる効果のあるレンズの付いたメガネがいま最も人気を集めている要因は、疲れ目の予防策に大勢の方々が苦心しているからです。
下腹部の強い痛みを起こす病気の一例として、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、卵巣の疾患などがよく挙げられるでしょう。
高齢化による耳の聞こえにくさにおいては少しずつ聴力が落ちていきますが、一般的に60歳くらいまでは聴力の老化をしっかりと自認できないものです。
内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは診断されていなかったとしても、内臓の脂肪が付きやすいパターンの悪い肥満症を持っている事で、いろんな生活習慣病を招きやすくなります。
通行中の衝突事故や山での滑落など、かなり大きな力が体にかかった場合は、複数の場所に骨折が齎されてしまったり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、加えて内臓破裂してしまうこともままあります。
演奏会の開催されるスペースやディスコなどにあるものすごく大きなスピーカーのすぐ側で大きな音を聞いて耳が聞こえにくくなることを「急性音響性難聴」と呼んでいるのです。