難聴

複雑骨折によりひどく出血した場合、急に低血圧になって目眩やふらつき、冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、意識喪失などの不快な脳貧血が引き起こされる場合もあります。
子供の耳管の特徴は、大人と比較して幅がある上に短めの形状で、又ほぼ水平になっているため、バイ菌が入り込みやすくなっています。乳幼児が急性中耳炎に罹患しやすいのは、この作りが関係しています。
ライブの開催される場内やダンスするための広場などに置かれているとても大きなスピーカーの正面で大きな音を聞き続けて難聴になってしまうことを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と呼んでいるのです。
「肝機能の低下」については、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP等の数値で診れますが、ここ数年間で肝臓の機能が低下している国民の数が明らかに増えているとの報告がありました。
食事の際は、食べようと考えた物をなんとなく口へ入れて20回前後咀嚼して飲み込むだけに思われがちだが、その後も体は実によく機能し続けて異物を人体に取り入れる努力をしているのだ。
流感とも呼ばれるインフルエンザに対応している効果的な予防策や処置など原則的な措置というものは、季節性インフルエンザでも新たに発見された新型のインフルエンザであってもほぼ変わりません。
痩せるのが目的で摂取カロリーの総量を控える、十分食事を食べない、などのライフスタイルを続けると結果的に栄養をも不足させ、酷い冷え性を誘発していることは、色んな媒体で問題視されていることなのです。
むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食事の欧米化や喫煙・アルコールを毎晩飲む事・肥満症などのライフスタイルの乱れ、ストレスなどに縁り、近年日本人に増加しつつある疾患の一つです。
基礎代謝量(kcal)とは目覚めている覚醒状態で生命を維持していく(鼓動、口からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋肉の緊張のキープなど)ために必要となる基礎的なエネルギー消費量のことを指します。
ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が無くなってしまった後に発売され、まったく同じ成分で経済的な自己負担が小さい(薬の金額の高くない)後発医薬品のことをいいます。
ハーバード大学医学部(HMS)の研究によると、一般的なコーヒーと比較して1日2カップよりも多くカフェインが90%以上除去されたコーヒーを飲用すれば、驚くことに直腸癌の発症リスクを半分以上も減らせたらしい。
万が一血液検査で危惧していた通り卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が少なくて早期閉経だと分かったら、少ない女性ホルモンを補填してあげる手当などで良くなることができます。
フィトケミカル(phytochemical)のひとつのスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている化学物質が、肝臓の持つ解毒酵素の機能的な発生を支えているかもしれないという新たな真実が判明してきたのです。
鍼灸用のハリを気になる所に刺す、というダイレクトな多数の刺激は、神経細胞の活動を促し、神経インパルスという名前の要は電気信号伝達を誘引するという見解が一般的です。
気分障害の一種であるうつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足することにより、憂うつ感、不眠、疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、そして重症になると自殺企図等の症状が心身に現れます。